日記書けるようになったよ

双極性障害、発達障害(ADHD)の日記。

2駅乗れた

昨日の夜はいつもより1時間寝るのを遅くしてみた。

たまたま見たいYouTubeライブをやっていたというのもあるが、やはり21時というのは早く寝すぎなのではないかと思い、試しに眠気を抑えて1時間待ってみた。

いつもはお風呂に入るとすぐに眠くなってしまうので、火照った体を少し冷ましてから、すぐに寝てしまうだが、お風呂の後の眠気がピークになった状態で寝るから、寝つきが良いし、1度も起きずに7時間眠れる。

しかし、昨日は一旦お風呂によって生じた眠気を抑えて、ちょっと趣味でもやって集中してから、目がぱっちりした状態で眠ろうとした。

全然眠くない状態で眠ろうとしても、案の定なかなか寝付けなくて、なんだが部屋が暑く感じてうっとおしくて、エアコンまでつけたのに、結局朝になるまでに3回くらい起きてしまった。

一応5時までは眠ろうと心掛けたが、夜中寝苦しくて何度も目が覚めるたびにトイレに起きて、全然眠った気がしない。

ようやく朝になったが、今日の睡眠は大失敗だ。

こんなに眠れなかったのは久しぶりだ。

これではダメなので、また21時就寝に戻そうかとも思うが、朝4時に起きる必要性があまりないし、22時くらいまでは最低起きていたい気持ちもある。

というか、お風呂の後に生じる眠気を頼らないと眠れないというのがもうおかしい。

夜は本来誰でも眠くなるはずで、寝るのが当たり前なのだが、なぜかお風呂に入る以外で眠気が起きない。

日中活動するためにも、夜眠れなかったというのは非常に痛い。

これが続くと、生活リズムがまだ乱れていく。

今日だけだといいのだが、やはりこれからもお風呂の後の眠気に依存して眠るしかないようだ。

世の中には眠らない人というのもいるし、少ない眠りで生活できる人もいるが、私は確実にしっかり7時間は取らないといけないノーマルな体だ。

あまり眠れていないことは関係なく、朝が来て時間は過ぎていくので、今日もいつもと同じルーティーンに入る。

 

最近は勉強のあとに少しの時間で、占いの依頼を受けることにしている。

占星術の精度を上げるため、毎日一人ずつ無料で依頼を受けて、悩み相談を受け付けることをやっている。

これが、自分で始めたことなのに、しんどい。

かなり高度な頭脳能動であり、勉強と同じく頭が痛くなる。

だから出来るだけ依頼が立て込まないように、一日一人に決めている。

以前はたくさんの人数を受けていたのだが、待たせている人数が多くなると、こっちの集中力とやる気がだんだん無くなっていくので、プレッシャーを減らす様に一日一人にしたのだ。

今日も朝から昨日煮詰めた原稿を依頼者に送ったのだが、ホロスコープを見る限りでは幸せそうだなと感じるのに、聞いてみたら結構苦労の連続だったり、当初の依頼が実は本当の依頼ではなくて、だんだん本当に知りたいと思っていることがわかってくる瞬間がやはりとても楽しい。

まだまだ仕事として受けられるレベルではないけど、将来的に占い師とまではいかなくても、人の悩み相談の助けになれるようになれたらいいなと思ってやっている。

もともと占星術が好きで、私も随分自分の占い結果に助けられてきたから、自然に勉強するようになった感じだ。

今回の依頼者は生まれた時間が不明だったので、詳細な読みが出来なくて少し的外れな事を言ってしまったかもしれない。

占星術において生まれた時間はかなり重要なのだ。

しかし、依頼者の話は出来ないので、この話はこの辺でやめておこう。

 

午後になって今日もリハビリに行ってきた。

昨日のように駅のホームは人が多く、家連れとか、友達大勢でみんな電車を待っている。

昨日と同じく今日も1駅乗って帰ろうと思っていたのだが、昨日よりも心が軽い気がして、せっかく来たんだし、もう1駅だけ進んでみようと思い、空いてる電車に乗ってみた。

ガラガラの始発電車がちょうどあったので、優先席近くに座ってみた。

しかし、急に心臓が跳ねた。

たかだかもう一駅乗るだけ、一駅乗れるようになったのだから、2駅くらい行ける。

そんな考えは砕かれた。

もうドキドキしてきて過呼吸気味になってきた。

電車はしばらく停車していたので、その間何度も席を立って、電車を降りたり乗ったり、うろうろと動揺してしまった。

もう怖くてたまらない。

もしかして、1駅進むたびにこんな感じになるのか、1駅乗れるようになったからって先は長そうだとうんざりする。

しかし、取り乱してはいけない。

一旦冷静になって、乗ると決めたのだから乗ろう。

大丈夫、静かに座っていれば、次の駅に着く。1駅乗るのと一緒だ。

電車の出発時間が地獄のようだった。もうすぐ発車するというところでぱっと飛び乗ってしまえば、案外すんなり乗れるかもしれないなんて思いながら、待っているとようやく電車のドアが閉まった。

また急に心臓が跳ねる。

周囲の人に助けを求めたくなる。もう降りたい。

あぁ、この感じ1駅乗れるようにしたときも味わった。この不安感もう二度と味わいたくないと思ったけど、これから1駅進むたびに味わうことになるのだろうか。

しかし、乗ってしまえば次の駅に着くのだ。

ほんの3~4分だったと思うが、体が震え出して、頭が真っ白になった。

まるでジェットコースターにでも乗ってるような気がするほど揺れているように感じるし、大きな音も外の早い景色もすべてが苦痛だった。

この神経過敏さえなければ、もっと楽なのに。気力が全部持っていかれて一気に鬱になった気がした。

生きた心地がしなかったが、でもなんとか次の駅に着くことができた。

よし、今日の仕事は終わりだ。もう今日は頑張った。

このあとまだ帰りの電車があるけど、どれだけ時間がかかってもいい。

ゆっくり休憩して体力を回復して、1駅1駅休みながら帰ればいい。

ホームのベンチでぐったりしながら、しばらく風に当たってこのまま具合が悪くなって家に帰れなくなったらどうしようってまた頭の中で考えがぐるぐるするけど、大丈夫、駅員さんだっているし、周りに助けてくれる人だっている、きっと少し休めばまた乗れる。

頭が鬱っぽくなるともうネガティブな考えだけで頭の中がぐるぐるするから、自分だけで絶望的な気持ちになってパニックを起こすことがある。

でも、体の調子は良い、この程度のことで倒れたりはしないと言い聞かせて、体の声をしっかり聴く。

だいぶ冷静になれるようになったな、パニックを起こさなくなってきたな、そう感じると昔酷かったころを思い出して、ふと泣きそうになる。

随分回復したんだなって涙が出そうになると、少し元気が出てきた。

もうひと踏ん張りしよう。

次の電車に乗って帰ろう。

帰りは行きほど、動揺しなかった。大丈夫、根気強くリハビリしていけば、きっと乗れるようになる。

今は出来なくてもきっといつか病気もしっかり治って、電車で旅行だって行けるさ。

諦めちゃいけない。

今日は辛かったけど、頑張ったと思う。また一歩前に進めた。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村