日記書けるようになったよ

双極性障害、発達障害(ADHD)の日記。

母に手紙を書こう

今日のAM4:00は一段と暗かった。

朝の気分は悪くない。

最近は起きた瞬間すでに部屋が暑くて、エアコンをつけないとやってられない。

しかし、今日の天気は曇りなのか、いつもより暑くなかったので、エアコンをつけずにいた。

これくらいの温度がちょうど良いなと思うのだが、100均で買った温度計を見ても、いつも23~24度くらいの温度を指している。

もう熱中症になるよってぐらい暑くても、いつ見ても23~24度だ。

そしてエアコンをつけると22度くらいになる。

これは壊れているのだろうか。100均とはいえ買ったばかりなのに。

 

いつもならベッドの中でYouTubeを見たり、音ゲーをやったりして、しばらくだらだら過ごすのだが、今日はなんだかしっかり暇つぶしをしたくなって、やりっぱなしになっているクロスステッチに取り掛かる。

しっかり時間をとってやるのは久しぶりだ。

1か月に1つくらいのペースで作品を作れたらいいなと思っているので、いつもゆっくりペースで進めている。

ご飯を食べている時間っていつも暇だなって思ってしまうから、クロスステッチをやりながらご飯を食べることが多い。

お茶を飲みながら、何かをつまみながら、チクチク縫うのって最高なのだ。

そうやって、暇なときにコツコツやっているからだいたい2週間もあれば、良いものが作れる。

でも、こうしてしっかり時間を作ってやってしまうと、いつまでもやってしまう。

カウンセラーさんにご飯のときくらいはゆっくり休んだらって言われるけど、ついつい手が伸びてしまうのだ。

何にも考えず、一針一針ただ刺すのが、実は休みになってるし、ほんとに好きなのだ。

WAISの検査で処理速度の項目が私は高かった気がするから、こういった作業はとても得意なのだ。

型紙通りとか、図面通りとか、何かマニュアルがあってそれ通りにやるというのは簡単って思うけど、それが難しい人もいるんですってカウンセリングでよく言われた。

 

1時間集中してやってしまったけど、特に疲れていないようでよかった。

さあ、6時になったのでここからは勉強の時間だ。

今日は母が買ってくれた日本史の漫画を読めるので、すごく楽しみだ。

まずは難解な参考書をしっかり読む。

今日はいつもより読める。頭がクリアな感じがしている。

よほど体の調子が良いのか、あまり苦ではなかった。頭痛もない。

 

漫画というものをとても久しぶりに読む。

絵しか見てなかった昔とは違って、今は文字もしっかり読むようになった。

漫画とはいえ日本史だから、難しい用語だらけだ。

でもいくつか知っている用語が目に留まるし、ここ数か月の勉強の成果が少しは出ている気がして嬉しくなった。

漫画を見ていると絵を書きたくなってしまう。

昔は四コマ漫画とかよく自分で書いたものだ。

漫画の絵を真似して、好きな場面をいっぱい書いたりして、それが楽しかった。

 

勉強中に、母親からラインがきてうなぎを送ったから、レンジでチンして食べなさいだって。

最近母は、漫画を買ってくれたり、ウナギを送ってくれたり、ほんとに尽くしてくれる。

私も母に何か親孝行がしたいけど、何が良いだろう。

夏になったら暑中見舞いとか送ろうと思っている。

孝行したいときに親はなしっていうから、そんな悲しいことにならないように、今からたくさん喜ぶことをしてあげたい。

でも、優しくされすぎると、いい緊張感というか張り合いがなくなって、案外早めにぽっくり逝かれるのも嫌だし、悪態ついてでも、憎まれ口叩く関係でもいいから、ずっと元気で長生きしてほしいって思ったりする。

過剰に干渉したり優しくしたりすると、相手の自由とか元気を遮ってしまうから、程よい緊張感を保つのって難しい。

自分のことは二の次でいつも人のことばかりの母には、何かしてあげても気を使わせるだけだし、手紙を書こうと思う。

毎年手紙を書いて、気持ちを伝えれば、母も返事を書くのに張り合いが出るだろうし、母が年をとるにつれて、寂しくないように気持ちを形にしたものを持たせてあげたいと思う。

 まだ61歳なのに、もう終活を始めている母は、大事な物をだんだん処分しようとしている。

しがらみをあの世に持っていきたくないらしく、生きてる間にしっかり清算して整理して身軽になって旅立ちたいらしい。

せっかく身軽にしようとしているところ悪いけど、溜まりに溜まった私の手紙を思い出として死ぬときに持たせてあげれたらいいなって思う。

まあそんなことを私が考えているなんて、生きているうちには恥ずかしくて言えないけど。

 

午後はいつものようにリハビリに出かけた。

今日は乗れる気がする。しかも楽に。

自分の体の声が聞こえるようだ。今日はへっちゃらだよって。

いつもこうだと良いのだが。

すんなり駅に着いて、ドキドキせずにホームで待てた。

今日は2駅乗れるかもしれないと思ったのだが、気づいたら周りにいつもより人がたくさんいた。

そういえば今日は土曜日だった。いつもより人が多いことがとても心配だった。

でも、1駅は平気、2駅はどうだろう。

土日の街の雰囲気が私は苦手だ。

みんながいつもより少し高揚していて、全員の気持ちが大きくなっている気がして人ごみの圧を感じる。

ただでさえ、人ごみには酔ってしまうというのに、土日というとさらに疲労感は増す。

この人の多い日にわざわざ2駅乗るという冒険をする必要があるのか。

ここでなまじ勇気を出して冒険して、もし具合が悪くなったら、いつもより人ごみの圧もあるし、最悪になる。

帰ってくる苦痛を考えると、今日は素直にやめようと思った。

2駅の冒険はまずは平日にチャレンジしよう。

今日のところは大人しく、1駅乗って帰ってきたが、どうも物足りない。

2駅の心持ちでいたせいか、テンションが下がる。

乗ったら乗ったでたぶん具合悪くなるだろうに、挑戦しないとこれである。

当たって砕ける性格だから、挑戦しないという選択をする度に心はもやもやする。

でも、この無鉄砲さが原因でそもそもうつ病になってしまったのだ。

頭では分かっているが、性格というものはなかなか変えられるものではない。

自分はつくづくバカなのだなと思う。

でも、今日は挑戦をやめたおかげで、今も体調を崩さずにいられる。

このまま健やかな気持ちで一日を終えられる。

とても良い英断だったと思う。

そう思うことにしよう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村